シーリング(負担の少ない避妊・去勢のために)

負担の少ない避妊・去勢のための、血管シーリングシステム
手術時において、腫瘍や臓器、組織を摘出する際には必ず出血が起こらないように血管の処理が必要になります。

従来であれば、手術用の糸を使用し血管を一つ一つ結紮する必要がありました。これにはいくつかのデメリットがあり、一つは血管の結紮に時間がかかるという事。もう一つに、手術後稀に体内に残った糸が原因で生じる【異物反応性肉芽腫】という炎症が生じる事です。

そこで当院では、上記の様な病気を引き起こさないために可能な限り縫合糸を使わずに血管や組織の処理(シーリング)が可能なシーリングシステムを導入しております。この機械のメリットとしては、

手術時間の短縮により、動物への麻酔の負担を軽減出来る。
安全かつ確実な止血が出来る
縫合糸をなるべく体内に残さない手術が出来る

等があると考えられます。
これから避妊や去勢手術をお考えの飼い主様は是非ご検討ください。
また、ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せください。

▶︎避妊・去勢の料金についてはこちら

Top