ワクチン

犬の予防接種

狂犬病ワクチン

狂犬病は、人間にも感染する恐ろしい病気です。
またそのため、狂犬病予防法という法律で全ての3ヵ月齢以上の犬は年に1回の接種が義務付けられています。

混合ワクチン

この混合ワクチンは、接種する事で感染症の発症を抑える、または仮に感染しても重症化させない事を目的とした任意のワクチンです。
ただしこれらの病気に感染した子達の治療は、困難な事が多くその中には致死率の高い病気も存在しています。
そのため当院では、これら混合ワクチンの1年に1回の接種をおすすめしております。
ただし、犬の年齢や体調、ワクチンアレルギーの有無によって接種の必要性を考える事もしておりますので、詳しくは獣医師にご相談ください。

 
当院での取り扱い犬混合ワクチン

感染症の名前
6種
8種
ジステンパー
パルボウイルス感染症
犬伝染性肝炎
犬アデノウイルス2型感染症
犬パラインフルエンザ
犬コロナウイルス感染症
レプトスピラ症(カニコーラ型)
レプトスピラ症(イクテロヘモラジー型)

▶︎ワクチンの料金についてはこちら

猫の予防接種

混合ワクチン

犬と同じくこの混合ワクチンは、接種する事で感染症の発症を抑える、または仮に感染しても重症化させない事を目的とした任意のワクチンです。
猫においても、予防出来る感染症の数によっていくつかの種類があります。
屋内だけで生活している猫、屋外に出ていく猫に関係なく感染発症するリスクは高いと考えてますので、適切なワクチン接種をおすすめしております。

当院での取り扱い猫のワクチン

感染症の名前
3種
5種
猫汎白血球減少症
猫ウイルス性鼻気管炎
猫カリシウイルス感染症(3種株)
猫クラミジア感染症
猫白血病ウイルス感染症

▶︎ワクチンの料金についてはこちら

◆ 当院で使用しております犬・猫ワクチンは、副作用の少ない安全性の高いワクチンを使用しております。

Top