コンセプト

予防医療が大切です!

大切な家族であるペットとの幸せな時間は、ずっと続いて欲しいというのが当院からの願いです。
だから人の医療と同じく、犬や猫の健康を維持するためには、病気になってから治療していくという医療だけでなく、「予防する医療」という考えを当院では重要視しております。

その代表的なものとして、
避妊・去勢手術  ワクチン
フィラリア予防  ノミ・マダニ予防
があります。

避妊・去勢手術

一般的に避妊・去勢手術をさせる意味としては、望まない繁殖を防ぐためだけと考えている飼い主様が多い印象を持ちます。
また、犬や猫を人間と同様なイメージで、生殖器がなくなることに反対したり、
健康な身体にメスを入れることに強い抵抗を持ちこれらの避妊・去勢の手術を拒む飼い主様がいると思います。
加えて、全身麻酔における負担やリスク、手術後の副作用を懸念し手術をされない飼い主様もいるかと思います。
そのことは、家族の一員である犬や猫を思っての考えだと理解もできますが、
それ以上に、避妊・去勢手術を行うことで多くのメリットも得られると考えています。

当院では正しい知識を持って、飼い主様に「する・しない」の選択をしていただきたいと思っています。

避妊・去勢手術のメリットは?

雄イヌ雌イヌ
高齢犬に多い前立腺肥大の予防乳腺腫瘍の発生の抑制
会陰ヘルニア・肛門周囲腺腫の発生率を減少子宮や卵巣疾患の予防(子宮蓄膿症など)
マーキングの減少発情による出血の管理の必要がなくなる
精巣の腫瘍や疾患の予防偽妊娠の予防
雄ネコ雌ネコ
発情に伴う喧嘩の減少     発情に伴う大きな鳴き声の減少
尿スプレー行動の抑制子宮や卵巣疾患の予防

避妊・去勢手術のデメリットは?

麻酔のリスク
任意ではありますが、手術前の術前血液検査を実施し身体の状態を把握するようにしています。
また術中においても、最新の麻酔モニターで管理し安全に努めています。

手術後の体重増加
食事の管理や運動を増やす事で予防可能です。
また当院では、手術後におけるカロリー計算や適切なフードの相談など積極的にしておりますので、気軽にご相談ください。

手術までの流れ

手術は完全予約制になっています。予めご予約ください。

Top